副交感神経を活性化

副交感神経を活性化

セックスする際には男性なら勃起、女性なら膣口を十分に濡らしておくことが必須です。

 

そのような状態になりやすくするためには副交感神経を活性化するがありますが、これは自分の意志でコントロールすることはできない神経なのです。

 

ここでは副交感神経をうまく活性化させる方法について紹介していきます。
女性が快感を得ている時には、副交感神経の活動レベルが高くなっています、つまり、心と体がリラックスしている時に、女性の感じる力は呼び起され高められるのです。

 

そのためにも、愛撫を始める前に、女性に精神的にリラックスしてもらうことが大切です。

 

マッサージをすると副交感神経の活動レベルが高くなり、体がリラックスして心も開いていきます。

 

オイルやパウダーを使って念入りに頭から足の指に至るまで、マッサージを行うことで、血液やリンパの流れを良くすると、体は自然と温まっていきます。

 

自律神経について

副交感神経を活発にして性欲を高める

私たちが眠っている間も呼吸しているのは、私たちの生命活動の根幹を指せる自律神経のおかげです。
自律神経の働きによって、わざわざ自分で意識しなくても呼吸は続きます。このように、自律神経は私たちの生命活動を24時間365日休むことなく支えてくれています。

 

この自律神経の中に、交感神経と先ほどの副交感神経が含まれます。

 

自律神経は内臓や血管の機能をコントロールする神経で、交感神経が体を支配する体はアクティブな状態になり、副交感神経が支配すると体はリラックスした状態になります。
私たち人間に体は、活動的な日中は交感神経が支配し、より、リラックスすると気には副交感神経が支配するというように、相反する働きを持った二つの自律支援系が交互に体を支配することで身体機能が保たれています。

 

区間神経の活動値が高く、副交感神経の活動値が極端に低いと、体のあちこちに不調が表れ、病気になってしまいます。

 

そして交感神経も副交感神経も活動レベルが低い場合には疲れやすく、やる気も起きない状態で、セックスでの快楽を得ることはとても難しいのです。

 

そこで、マッサージをすることでリラックスしてもらい、副交感神経の活動レベルと上げることでセックスでも快感を簡単に高めることができるようになります。